美容・美肌効果のある食材2


豆腐・豆乳の美容・健康効果

豆腐・豆乳は美容と健康にかかせない食材です。
昔から「畑の肉」と言われている豆腐・豆乳の原料 大豆には、
大豆イソフラボン大豆サポニン大豆レシチンなど注目の
栄養成分が含まれています。

他にもリノール酸リノレン酸オリゴ糖ビタミンB群
ビタミンEミネラル類などの栄養素がバランスよく含まれています。
 
大豆レシチン」は、女性には嬉しい若返りの効果があります。
新陳代謝を促進する機能があるので、細胞から老廃物を排泄させて
若さを保つ作用を有します。
ビタミンAやEなどの脂質性の物質の吸収も高めてくれます。

この大豆レシチンが不足すると、新陳代謝が悪くなり、美容・健康面に
不調がおきやすくなり、特に美容面ではお肌のツヤがなくなりくすみが
発生したり、シミができやすくなったりします。

肥満対策脂肪過多症にも効果があるそうです。

また、レシチンは脳の栄養素とも呼ばれ、記憶力向上や痴呆症予防にも
効果があるといわれています。残念なことに、体内で生成されるレシチンの
量は加齢とともに減少していきます。
 
大豆サポニン」は、嫌われ者の活性酸素から体を守ってくれます。
強い坑酸化作用や過酸化脂質の生成を抑える作用があり、お肌の
老化防止
効果があるといわれています。
また、コレステロールの吸収を抑えて分解する働き、血中コレステロールの
低下作用があり、
中性脂肪の低下ダイエットに効果があります。
 
大豆イソフラボン」は、美白作用保湿力を補う効果があります。
また、シワができる過程をイソフラボンが抑制します。
他にも生理不順の改善生理痛の緩和の効果もあり
女性らしい体を作るのでバストアップにも効果的。

豆腐には、ビタミンE・B1・B2・ナイアシンも豊富に含んでいます。
このナイアシンは、皮膚や胃腸の健全化に効果があるといわれています。
ビタミンEは血行をよくする作用があるので、老化の原因でもある
過酸化脂質の合成を抑えて
シミの予防ができます。
 
豆乳には、健康な肌を保つための要素がぎっしりつまっています。
豊富に含まれるビタミンB群は、肌荒れや吹き出物を防ぎ
ビタミンEの効果で血行を促進オリゴ糖便秘も解消します。

血液中のコレステロール、中性脂肪などを減らす効果もあり体脂肪を
減少させてくれすのでダイエットにも効果があります。

また、美肌だけではなく、ムダ毛の解消にも効果があり
肌に塗るとムダ毛が目立たなくなってきます。



イチゴには、ビタミンCが多く含まれているのは皆さんもご存知ですよね。
どのくらい多く含まれているかというと、その量はレモンの約2倍
5粒食べれば1日分の必要量が摂取できるほどです。
さすがビタミンCの宝庫といわれるだけありますよね。
 
ビタミンCは美肌づくりには欠かせないもの。 メラニン色素の沈着を防ぎ
コラーゲンを合成し肌にハリツヤを与えシミを防いでくれます。
 
他にも風邪に効果があること。ビタミンCを補給していると
風邪のひき始めに症状を抑え込みやすく、風邪をひいてしまっても
軽くすむ傾向にあります。その理由は、ビタミンCがコラーゲンを合成し
ウィルスが細胞から細胞へと広がるのを防ぐからなのです。

また、ビタミンCには、
鉄分の吸収を促進する働きもあり
ビタミンCを十分に含む食事では、あまり含まない食事と比較して
鉄分の吸収量が2倍から4倍に上昇します。
このため、イチゴは貧血気味の女性にもオススメのデザートです♪
 
イチゴはビタミンC以外にも、クエン酸リンゴ酸なども豊富に
含んでいるので免疫効果を高め疲労回復にも役立ちます。
 
植物繊維も多く含み水分も豊富なので便秘の解消血液を清める果物とも
言われています。
 
また、ポリフェノールも含んでいるので、ビタミンCの相乗効果により
最も抗酸化作用の強い果物のひとつにも上げられています。
 
そして、あまり知られていませんが、イチゴにはたくさんの
キシリトールが含まれていて、虫歯予防にも効果があるのです!
イチゴ食べてから歯磨きをする歯槽膿漏や虫歯予防の効果が上がるそす。
 
こうして改めてイチゴの効果を見てみると、病気予防や健康維持に
大切な役割を果たすほか、美容にもかなりの効果が期待できます。

イチゴを食べるときに気をつけることは、ビタミンCは水溶性なので
あまり長く水につけないこと。さっと水で洗って生で食べるのが一番です。
食べ方として、イチゴの糖度は先に行くほど高くなるので、ヘタに近い部分を
先に食べ
最も甘い先の部分を後で食べるのが「通」の食べ方だそうです(笑



熱帯果実の女王、聖なる果実と呼ばれるマンゴー。
ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、最近ではヘアトリートメントや
クレンジングオイル、スキンケアなどにも取り入れられていますよね。
 
そのマンゴーには、肌荒れに効果的であるビタミンAを
数ある果物の中で最高の含有量を誇ります。
 
さらにマンゴーにはビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、
リンなどが豊富に含まれていて抗酸化作用が強いといわれています。
 
マンゴーの黄色の色素にはフラボノイドの一種であるエリオシトリンが
含まれていてビタミンCの吸収を助けます。
 
またマンゴーのビタミンAは気管の粘膜を守る効果があるので
風邪をひいたときなどには有効な果物といえます。

その他には マンゴーには
冷え性肩凝り生理痛更年期障害などの
婦人病にも予防効果があるといわれています。

肌荒れ防止、美肌保持、整腸作用、成人病予防、便秘予防、風邪予防と
あげればきりがないマンゴー。
他にも安眠効果眼の老化防止認知症予防感染症予防
効く果物とされています。
 
マンゴーの選び方は、均一の色をしているもの、優しく触って
柔らかいものがいいそうです。




緑黄色野菜の代表格のにんじんには、カロチンが豊富に含まれています。
カロチンは、活性酸素の働きを抑制する作用によりガンを予防します。
血中のカロチンの量が多いと、ガンの発生率が低くなると言われています。
また免疫力を活性化し、風邪を予防する効果があります。
さらに、体内で必要なだけビタミンAに変化する成分です。
 
ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、
肌・皮膚がカサカサになるのを防ぎ、
潤いを与えてくれるビタミンです。
 
また、目との関係が深く、パソコンの使いすぎで目が疲れている
現代人に多い
ドライアイを防ぐ役割もあります。
 
他にもにんじんには、ビタミンB1・Cなどのビタミン群
カリウム・鉄・カルシウムなどのミネラル成分もバランス良く含まれ
便通を促し、コレステロールや体の毒素を排出する(
デトックス効果
働きがある食物繊維も豊富に含む優秀な食材です。
 
にんじんを半分食べれば、1日に必要なビタミンAが摂れます
 
カロチンの吸収率は、生のにんじんで10%ゆでた場合で30%
オリーブオイルなどの油を使うと50%〜70%とかなり差があります。
調理方法で吸収率が違ってくるので気をつけたいものですね。





  美肌は睡眠から
  美肌・美容効果のある食材1
  美肌・美容効果のある食材2
  美肌に効果的な栄養素










栄養満点、低カロリー
豆乳おからクッキー






無添加・無調整・低温殺菌
まるごとのむ大豆







いちごの専門家が絶賛!
最高級五つ星ランクの最高級苺







世界最高峯の品質マンゴー





プルプルお肌を作って
くれる人気アイテム

高いリピート率を誇るクチコミだけ
で売れ続けた実力派!化粧水・
乳液・美容液が1つになったゲル
クリーム






話題の若返りの植物、
マカ

テレビ・雑誌などで紹介された
話題の高品質天日乾燥マカ。
若返りを望む方などにおすすめ!






感動、するん。なのに肌
うるるん。極上洗顔体験

大人気!無添加パーフェクト洗顔
セットで「完璧!うるおい美肌」を
かなえる







飛ぶように売れている
若返りのプラセンタド
リンク

ノーベル賞受賞のアンチエイジ
ング成分「EGF」配合!飲んだ
人から美しくなっていく!!






赤ちゃんのうるぷる肌
がこれ一本で!

肌がこれ一本で驚きの効果!薬
用トレビオーディホワイト美容液







ムダ毛の悩み&美肌
ケアにネオ豆乳ロー
ション

塗るだけの簡単ケアでムダ
毛ケアと美肌づくりが同時
にできる研究に研究を重ね
開発した最高傑作品!







コラーゲンは量より質!
「進化型コラーゲン」で
お肌ぷるぷる
ハリ・ツヤ実感をあなたに!はずむ
・とどく・コラーゲンを実感






若さと美しさを保つ美容
サプリ,ミラクルクイーン

継続率96.7%!40種類以上
の天然成分が若さと美し
さをつくります









Copyright(C) 美容Life All rights reserved