コスメ豆知識


医薬部外品
 
ある特定の効能・効果について薬事法によって承認された製品のことで
医薬部外品は医薬品と化粧品のちょうど中間に位置するもの。

化粧品類の場合「薬用化粧品」とあるものは
ほとんどが「医薬部外品」であると考えていいでしょう。

「医薬品」ではなく、医薬部外品はあくまでも予防を目的とするもので、
トラブルを治療するものではないということを覚えておかなくてはいけませんね。
(医薬部外品は、全成分表示の対象にはなっていません)



a
薬用化粧品

化粧品の効果に加えて、特定の目的に対して効能・効果のある有効成分が
一定の濃度で配合されていることを、厚生労働大臣が認めたもの。
 
化粧品においては「医薬部外品」のことを「薬用化粧品」とよばれることが多いです。
「薬用化粧品」とは、肌アレ、ニキビ防止、美白、皮膚の殺菌など、薬事法によって
「医薬部外品」として認められた効能・効果を持ち、
化粧品と同様の使用目的・使用方法を
もつ製品のこと。
効果を認める代わりに、副作用も認められるのが薬用化粧品です。
化粧品は、副作用は認められません。



a
添加物

化粧品の使用目的と共に「形」を構成するための
油分・乳化剤・粉末成分などをまとめて「添加物」と言います。

また「保存するための成分」です。腐らないように保存性を高めるための成分で
殺菌剤、防腐剤、酸化防止剤などの「添加物」もあります。



a
無添加化粧品

表示指定成分が入っていない「無添加」化粧品のこと。
特に肌に影響があるであろう合成剤を使っていない化粧品のことです。
 
法律などによる無添加化粧品の基準というものはありません。
一般的には旧表示指定成分を配合していなければ無添加というメーカーが
多いようです。表示指定成分が無添加だからといって安全とは限りません。



a
自然派化粧品

化学的なものを使わずに天然、自然成分で作られた化粧品のこと。
植物療法に基づき植物エキスなどをベースに作られたもののことを言います。
化粧品の品質保持のための成分を添加しているものもあります。
 
自然派化粧品には、法律や定義がありません。
天然成分由来の成分であっても、すべての人に刺激がないわけではありません。
肌質などによって、アレルギーや炎症をおこしたり、肌荒れの原因になる場合も
あります。天然成分の全てが、全ての肌に優しい化粧品ではないということです。



a
界面活性剤

水と油の混ざった状態を維持するという非常に貴重な特性を持っています。
混じり合わない水と油の間には界面が存在していますが、界面活性剤は、
この界面に働いて界面の性質を変え、水と油を混じり合わせることができるのです。
 
界面活性剤には天然のものと、人の手で作られる石油系が中心の「合成界面活性剤」が
あります。 合成界面活性剤は、泡立ちを良くする目的で使われることがあります。
洗顔料にも合成系界面活性剤が使用されています。
合成界面活性剤は化粧品を作る際、便利で欠かせないものですが、
肌のバリア機能を弱めたり、たんぱく質を変質させたりすると言われています。
 
界面活性剤は皮膚表面のたんぱく質(角質)を溶かします。
石鹸はその後カルシウム石鹸の膜で皮膚を保護します。
 
合成界面活性剤は、角質表面の皮脂を洗い流し皮膚成分のたんぱく質を溶かし
角質細胞間脂質からも脂を奪い取っていきます。
そしてバリアがなくなった皮膚に合成界面活性そのものの
毒性や他の原料の毒性なども体内に吸収されるようになります。



a
アルコールフリー

化粧品は一般にアルコール(エタノールなど)を含むものが多くあります。
これらは旧指定表示成分ではないため、とくに表記されることがありませんでした。
またパラベンが添加されている化粧品でもアルコールフリーの化粧品もあります。
しかし、アルコールにも刺激があり、アルコールが入っていない方が
より肌にやさしい化粧品と言えるでしょう。

同じ化粧品であっても「しっとり」タイプと「さっぱり」タイプがあり、

「さっぱり」タイプにのみアルコールが入っているということもあります。

アトピーや乾燥肌の肌は、アルコールによって乾燥をさらに
促進させてしまうこともあります。アルコールが成分として入っているか、
気をつけて化粧品を選ぶ必要があると思います



a
有効成分

医薬品や医薬部外品に含まれる成分のうち、その医薬品などの目的で
ある効果を表す成分のこと。

例えば、解熱鎮痛剤に含まれるアスピリンのような成分のことを有効成分と言います。
化粧品の場合は、含まれている成分全体で使用感や効果を発揮するため
有効成分という言葉は使いません。



a
化粧品成分配合の決まり

化粧品は肌に直接使うものなので、どんな成分でも配合してよいと
いうわけではありません。

化粧品には、「配合することができない成分」と
「配合する場合には、
化粧品の種類によって配合量に上限等のある成分」が定められています。



a
UV-AとUV-B

紫外線(UV)は太陽光線の一種で、A・B・Cの 3つの種類があります。
大きく影響を及ぼすのが、UV-AとUV-B。 (UV-Cは地上に届かない)
 
●UV-A...真皮にダメージを与え、お肌の老化を促進。照射直後に即黒くなり、
         色素沈着の増加、シミ・シワ・たるみの原因に。
 
●UV-B...表皮にダメージを与え、くすみ、シミなどの原因に。
         照射直後に即赤くなり(日焼け状態)、その後黒くなります。
       色素沈着の増加、真皮上層組織・表皮組織の肥厚、
         浴びすぎると白内障や皮膚がんの原因にも。
 
一般的に、普通の生活ベースで考えると、
PA++、SPF15-20のものを使えば紫外線対策はできます。



a
SPFとPA

『PA』はUV-Aを防ぐ効果レベルを+記号で表示。(+ ++ +++の3段階)
『SPF』はUV-Bを防ぐ効果を数値で表示。(数が多いほど 日焼けを防ぐ時間が長い)
 
『UV-A』(紫外線カット度)
PA+...生活紫外線の対策
PA++...生活紫外線・屋外で活動する時の対策
PA+++...屋外での活動が長い時の対策
 
『UV-B』
1単位が約30分、日焼けをするのを遅らせてくれるという意味です。
例えば、SPF20だと「10時間」紫外線に当たっても日焼けをするのを
遅らせてくれるということ。数値が高いほど、完全防備という訳ではないのです。



a
ノンケミカルUVカット

通常のサンケア商品に配合されている紫外線防止剤には、科学反応により紫外線を
吸収する紫外線吸収剤と、紫外線を物理的に反射させる紫外線散乱剤があります。

光に敏感な肌や、デリケートな肌の方の中には、紫外線吸収剤の刺激を受ける場合も
あります。「ノンケミカルUVカット」とは紫外線吸収剤を用いずに紫外線散乱剤で
紫外線から肌を保護することをいいます。




a
活性酸素

酸素自体が活性化して、身体を傷つけてしまう酸素になること。
紫外線が皮膚に当たると、その当たった部分に活性酸素が発生して、
細胞を酸化してしまうのです。細胞が酸化されると、それは細胞が死んでしまったり
本来持っている機能が働かなくなることを意味します。

大切な細胞が紫外線によって発生した活性酸素によって次々に酸化されていくのを
防ぐために、チロシンという物質が代わりに酸化され、その結果できてしまうのが
メラニン色素ということなのです。

また、紫外線による活性酸素の害は、
皮膚の老化を促進させます。
皮膚の表皮や真皮を支える土台となっているコラーゲンや、エラスチンが紫外線に
よって発生した活性酸素によって酸化されるからです。



a
コメドって何?

コメドとは、過剰な皮脂や外的な刺激(手や髪の接触・高温・多湿・ほこり・油)によって
毛穴の角質が厚くなり、皮脂の出口である毛穴をつまらせ、毛穴の部分が小さな
ふくらみ状になっているものをいい、ニキビのできる第1段階の症状です。







  ネイルの知識
ネイルグッズ
コスメ豆知識








プルプルお肌を作って
くれる人気アイテム

高いリピート率を誇るクチコミだけ
で売れ続けた実力派!化粧水・
乳液・美容液が1つになったゲル
クリーム







専門家が開発!楽天ラン
キング1位シャンプー!

世界が認めた専門医師チームが
開発した本格派ヘアケア商品!
芸能人や著名人も多数愛用中!







実感!やわらか肌★究極
の無添加スキンケア

無添加化粧品シリーズ。真のうる
おいを実感、うるおい力が深化!








若さと美しさを保つ美容
サプリ・ミラクルクイーン

継続率96.7%!40種類以上の天然
成分が若さと美しさをつくります







肌が育つ!実感できる
高機能スキンケア

肌の必要な場所に必要な成分を
しっかり届ける世界最先端スキ
ンケア






コラーゲンは量より質!
「進化型コラーゲン」で
お肌ぷるぷる
ハリ・ツヤ実感をあなたに!は
ずむ・とどく・コラーゲンを実感







赤ちゃんのうるぷる肌
がこれ一本で!

肌がこれ一本で驚きの効果!薬
用トレビオーディホワイト美容液







ムダ毛の悩み&美肌
ケアにネオ豆乳ロー
ション

塗るだけの簡単ケアでムダ
毛ケアと美肌づくりが同時
にできる研究に研究を重ね
開発した最高傑作品!














































































































Copyright(C) 美容Life All rights reserved