コスメに乾杯
HOME / 化粧品成分辞典トップ / 注目のコスメ成分
化粧品成分辞典 (さ行)

物質名・使用目的/効果/使用製品



た行


タルク
白色の粉体で製品ののびをよくし、肌への吸着に優れています。
色味調整や感触を良くするために使われます。
ダイズステロール
コレステロールと同じように液体油に溶かして角質層になじませると
水分の蒸発を強力に抑える効果があります。
角質層になじみやすく、乾燥から肌を守ります。
 
使用製品■ クリーム・乳液など
ダイズタンパク
保湿効果に優れていて、乾燥から肌を守ります。
使用感が良いため改良剤や安定剤としても使用されます。
安全性が高く豆腐などにも使われています。
ダイズエキス
成分としてイソフラボン、サポニン、アミノ酸等を含んでいます。
水分を長時間保つのが特徴で乾燥から肌を守ります。
保温効果、皮膚細胞の活性効果があるので加齢によるトラブルを防ぎ、
潤いのある肌を作る化粧品への配合に適しています。
女性ホルモンと動揺の作用があるため老化抑制にも効果があります。


ち





チャエキス
お茶の葉から取れる植物性エキス。タンニン・アミノ酸・ビタミンCなどが
含まれます
収れん効果・消炎効果・酸化防止効果、美白効果などが
あります。活性酸素を抑える働きもあるので老化防止にもなります。
デオドラント効果もあり。

使用製品■ 基礎化粧品・収れん化粧水など
チョウジエキス
フトモモ科の常緑高木のチョウジのツボミを乾燥したものを、
エタノール溶液で抽出して得られる香料の1つです。
抗菌作用、血行促進、抗炎症作用があります。


つ



椿油
天然成分ツバキの種子。保湿剤や油性基材(軟膏基材)として使われます。
 
使用製品■ 各化粧品・髪油


て

ティーツリー油
天然の精油。抗菌、消毒作用、抗炎症、鎮静作用があり皮膚浸透力が高い。
化粧水、乳液、クリームの配合のほか、かゆみ止めにも使用されています。
デオキシリボ核酸カリウム塩
サケの白子から抽出したDNAのこと。
保湿効果、皮脂分泌コントロール、細胞賦活作用などがあります。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
油溶性の性質を持つビタミンC誘導体。経皮吸収性に優れ、
日焼けによるシミ・ソバカスから肌を守り肌の酸化防ぎます。
 
使用製品■ 基礎化粧品


と





トウキエキス
クマリン誘導体、アンジェル酸、アミノ酸などの成分を含んでいます。
消炎効果、血行促進効果、保温効果があり、 肌荒れを防いだり
メラニンの育成を抑える美白効果もあります。
婦人病の妙薬として漢方で頻繁に処方される重要生薬。
 
使用製品■ 基礎化粧品・化粧水・頭髪用化粧品・入浴剤
トコフェロール
天然ビタミンE。脂質の抗酸化作用があり、肌の老化対策として使用されます。
活性酸素・フリーラジカルを消去したり、過酸化脂質を防ぎます。
皮膚の血液循環を良くする効果、くすみ対策にも効果あり。
トリエタノールアミン
皮膚を柔らかくする働きがあり、マイルドなアルカリ剤なので使いやすい。
 
使用製品■ クレンジングクリーム・ローション・ファンデーションなど
トリベヘニン
ベヘン酸が結合してできた成分。
エモリエント成分として、各種メイクアップ化粧品に使用されます。
トレハロース
白色の粉末で、水によく溶ける性質をもっています。
強力な保湿効果があり、
保湿力が優れている。
また角質層の水分保持機能を高めます
他の保湿成分と比較すると、
乾燥した環境で強い保湿効果を発揮する特徴をもっています。
 
効果■ 角質保護・保湿保水作用
 
使用製品■ モイスチャー化粧品


HOMEに戻る