注目のコスメ成分


レチノール(シワ対策成分)

ビタミンAのことで、ビタミンとしての役割だけではなく肌を若返らせる
ホルモンの効果もあります。


コラーゲンやエラスチンの生成を助けたり、角質層の保湿を高め肌を柔軟にし
肌の新陳代謝を促がします。


紫外線によるシワやくすみ、乾燥など、加齢によるトラブルを防ぐ効果も
あります。
また、表皮のターンオーバーを促進し、角質層を薄くして肌表面の
張力を増し小ジワを解消します。
 

シワに悩んでいるなら、レチノールコスメがオススメです。
超微細なカプセルに包まれているので、カプセルに入った状態で真皮にまで
到達するそうです。コラーゲンを増やすので、深いシワにも効果があります。


市販品の最高配合濃度は0.1%


アミノ酸類(シワ対策成分)

たんぱく質の構成成分です。
たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。 


そのうちの9種類は体で合成されず、外からとる必要があるので
『必須アミノ酸』と呼ばれています。人の体は、約60%が水で
残りの約半分 2割がアミノ酸(たんぱく質も含む)です。


20種類以上のアミノ酸のうち化粧品でよく配合されるのは
セリン、グリシン、アスパラギン酸、システイン、トリプトファン、
フェニルアラニンなどがあります。


肌の細胞やコラーゲン、エラスチンなどの原料となって肌の新陳代謝を促し
シワ対策に効果的ですまた乾燥した角質水分を増やす作用もあるそうです
その他、抗酸化作用やメラニン合成抑制作用を持つアミノ酸もあります。
 

「20種類のアミノ酸」
バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、グルタミン
リジン、セリン
アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン
メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン
アスパラギン、グリシン、スレオニン
 

『必須アミノ酸』
バリン、トリプトファン、スレオニン、フェニルアラニン、メチオニン
リジン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン


ペプチド類(シワ対策成分)

アミノ酸がいくつか結合した物質がペプチドという物質です。
肌内部によく浸透し作用し、肌の弾力性を高めます。


アミノ酸5個のパルミトイルペンタペプチド3も線維芽細胞を活性化させます。


6個のアミノ酸が結合したペプチドのアルジルリンは、
表情ジワを抑制します。
吸収性が高く、細胞の活性化にも効果があるため
美容サプリメントとしても注目を集められています。


アミノ酸が2個結合したものが「ジペプチド」
3個結合したものが「トリペプチド
4個結合したものが「テトラペプチド」
5~10個結合したものが「オリゴペプチド」です。


CoQ10・ユビキノン(代謝アップ成分)

体内でも生産されていますが、年齢とともに減少してしまいます。


化粧品でも、細胞のエネルギー産生量を増やす作用があり
抗シワ、保湿、
肌の弾力UP、くすみを消すなど、さまざまな効果があります。


また
代謝を活性化する作用もあり美肌効果やむくみが取れる効果があります


化粧品への配合量が日本では上限が0.03%です。


ポリフェノール類(抗酸化成分

ポリフェノールとは植物に含まれている成分で
抗酸化力が強い抗酸化物質の一つで特にブドウに多く含まれています。


ポリフェノールの種類は約4000種類で
よく知られているのは
緑茶のカテキン、赤ワインのプロアントシアニジン
そばのルチン、
コーヒーのクロロゲン酸、タマネギのケルセチン、
松樹皮プリフェノールなどがあり、すべてポリフェノールの1種です。


ポリフェノールは、活性酸素と戦う抗酸化物質であり活性酸素を消去し
抗シワ、抗シミなどのアンチエイジング効果に注目が集まっています。



また
殺菌効果、ホルモンバランスの調整にも効果があり
サプリメントとして飲んでも、美肌効果が期待されます。


ヒアルロン酸(保湿成分)

ヒアルロン酸は人間の皮膚の中に存在し、水分を保って肌の乾燥や荒れを防ぐ
役割をしています。
水分保持能力の主役であり水分保持力を高め
しなやかな肌に調え乾燥から肌を守りキメの整った肌を維持します。


ヒアルロン酸分子の中に非常に多量の水分を含むことができ
強力で効果的な保温成分で表皮で留まらず、真皮にまで届かせるので
肌の老化に効果絶大です。


また、細胞が壊された時や強い炎症が起こった時に細胞を修復する機能が
あると言われています。


ヒアルロン酸はコラーゲン系の成分やその他の保温成分などと
組み合わせると相乗効果も得られます。


1gで6ℓの水分を保持することができます
ですが、残念なことにヒアルロン酸は加齢とともに減少します。


セラミド(保湿成分)

角質層の細胞と皮膚の細胞の間に存在する脂質です。
乾燥や埃などの外敵から皮膚を守り表皮の健康を保つバリアの役目をします


表皮が健康で、セラミドがまんべんなく細胞間に満たされていれば
外からの刺激やダニ・ほこりなどのアレルギーの原因になるものは
皮膚の中まで入ってきません。


乾燥肌・敏感肌・アトピー性皮膚炎の人は、このセラミドの量が少なく
バリア機能が低下しています。


潤い感・プルプル感のある肌はセラミドの量も多いのですが
加齢や気候・環境の変化によって、その量は増減します。
洗顔をしすぎるとセラミドも失われてしまいます。
 

【天然型セラミド
天然型セラミドは動物から抽出される天然のセラミドのことです。
バリアの働きをするコレステロールなどが含まれていて、肌へもよく浸透し
バリア機能を高めるのが早いので、肌の潤いを実感するのも早いです。



【活性型セラミド】
人のセラミドと同じ構造を再現した構造を合成したものです。
合成セラミドは、セラミド2、3、5などがあり種類により活性が異なります。
活性型のセラミド2の場合は少量でも、十分な保湿効果を得られます。
活性型のセラミド3はアトピー性皮膚炎の治療にも使われます。


ビタミンC誘導体(シワ対策成分)

ビタミンC誘導体は、美白作用があるビタミンCよりも角質層の透過がよく
より長い時間皮膚内にとどまるように改良された美白成分です。
ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性とがあります。


水溶性と油溶性は、コラーゲン合成促進作用や抗酸化作用といった
基本的な作用に
大きな違いはありませんが
その成分特性から水溶性はローションタイプの
化粧品などに、油溶性はクリームやジェルタイプの化粧品に使われています。
 

ビタミンC誘導体が皮膚の内部へ入っていくと、細胞からこの結合を切る
酵素が分泌され、メラニン色素に近い距離でビタミンCに変化し

新たに生産されるメラニン色素の元を分解します。


こうしてビタミンCは、皮膚の内部でコラーゲンの合成を促進し
保湿を促すのでシミに加えてシワやたるみの防止効果があります。


また、活性酸素を消去する作用により、コラーゲンやエラスチンなどの線維を
破壊から守ってくれます。
抗酸化作用、新陳代謝促進作用もあり
表皮をつくる細胞を活性化させることにより
紫外線や様々な刺激によって
痛んだ肌を再生させる働きがあります。
シワシミを同時に減らしたいならビタミンC誘導体コスメがオススメです


【水溶性ビタミンC誘導体(APM・APS)】
APMはリン酸アスコルビルマグネシウム
APSはリン酸アスコルビルナトリウム
いずれも薬用の美白成分です。
水溶性で化粧水や美容液などへの配合に向いています。
高濃度に配合したものは、ニキビの改善効果もあります。
 

・リン酸アスコルビルナトリウム
ニキビの抑制・改善や皮脂の分泌を抑制する効果があり、
化粧水などによく使用されています。
リン酸アスコルビルマグネシウムに比べて溶解度が約4倍(20%)であるため
高濃度での配合が容易であるという特徴があります。
  

・リン酸アスコルビルナトリウム
水溶性のビタミンC誘導体では効果が最も高いことが確認されています。
リン酸アスコルビルナトリウムに比べて使用感がややマイルドになり
刺激が少ない場合が多いです。効果に大きな違いはありません。
 


【油溶性ビタミンC誘導体(VCIP)】

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
皮膚表面に広がりやすい性質を持ち、
肌の一番外側の皮脂膜や角質層を通過しやすくなっています。


角質層は脂溶性ですので、同じ脂溶性の物質は、より浸透しやすくなります。
ビタミンCが油分と結合した構造なので、保湿性も高く乾燥を防ぎます。


水溶性ビタミンC誘導体に比べて肌への吸収率が高く、
油脂性なので水溶性特有の乾燥を感じないことも特徴です。
もっとも効率のよい「ビタミンC誘導体」と言われています。



コラーゲンは量より質!「進化型コラーゲン」でお肌ぷるぷる
ハリ・ツヤ実感をあなたに!はずむ・とどく・コラーゲンを実感

若さと美しさを保つ美容サプリ「ミラクルクイーン」
継続率96.7%!40種類以上の天然成分が若さと美しさをつくります

実感!やわらか肌★究極の無添加スキンケア
無添加化粧品シリーズ。真のうるおいを実感、うるおい力が深化!

プルプルお肌を作ってくれる人気アイテム
高いリピート率を誇るクチコミだけで売れ続けた実力派!化粧水・
乳液・美容液が1つになったゲルクリーム




  注目のコスメ成分
  ビタミンC特集
  化粧品成分辞典トップ

オススメレチノール



■DHC■
薬用レチノAエッセンス

・高濃度レチノール
配合エッセンス

icon




オススメコエンザイム



■HABA■
スクワQ10
(美容オイル)

コエンザイムQ10
スクワラン
ビタミンE
3つの成分を配合




■DHC■
Q10クリームⅡ

国内基準最高濃度の
Q10

コラーゲン・ヒアルロン酸
エラスチンも配合
icon


■DHC■
コエンザイムCOQ10

強い抗酸化パワー

icon



オススメヒアルロン酸



■エバメール■
ゲルクリーム

・ヒアルロン酸
コラーゲン配合

80%が水分で
できているゲル

水分補給に



■DHC■
ヒアルロンサン

気になる美容対策に





オススメビタミンC



■HABA■
薬用ホワイトレディ

ビタミンC6%配合美容液





■トゥヴェール■
AP100ブライトニング
パウダー

・ビタミンC誘導体粉末
化粧水



■VC×100■
フューチャーセラム

・100倍浸透
新型ビタミンC美容液



HABA
VCローション

ビタミンC配合の化粧水




■HABA■
うるおい伝説Ⅱ

アンチエイジングの
決定版

プラチナ(白金)
ナノコロイド
コエンザイム
ヒアルロン酸
セラミド・ビタミンA配合




■DHC■
ビタミンCパウダー

1袋にCが1500mg!

icon



その他オススメ



■DHC■
ポリフェノール


4種類のポリフェノールを
手軽に補給




■DHC■
マルチビタミン


1日に必要な摂取基準量
が1粒で摂れる!




















Copyright(C) 美容Life All rights reserved